正しいしみ対策をしていますか?しみ対策のウソ・ホント

アンチエイジングの一つとして、しみ対策があげられます。しみ対策の方法にはさまざまなものがありますが、なかには多くの人が勘違いしているものもあります。

一つは、美白化粧品に関してです。しみが出来てしまったあとに慌てて美白化粧品を使おうとする人がいますが、出来てしまったシミというのは一般的には自分で消すことは出来ません。

どうしても綺麗に消したいのであれば、病院などでレーザー治療をしてもらう方法もありますが、美白化粧品を使っただけでは滅多に消えることはありません。

美白化粧品は、予防のために使うのが一番正しい方法です。ただ、肌を白く見せてくれる効果は期待できるので、その場合にはこういった化粧品を使うのも良いでしょう。

紫外線以外でしみの原因となるのは?

しみが出来る原因として多くの人が考えるのは、紫外線ではないでしょうか?

もちろん、紫外線の影響もありますが、ほかにも肌の炎症などもしみの原因となります。これらの炎症とは、ニキビ跡や肝斑のことを指します。

なぜ炎症が関係あるかと言うと、皮膚が炎症するとそのダメージを回復するために新しい細胞を作ろうと活性化します。

実はこの際に、メラニン色素を作るためのメラノサイトも同じように活性化してしまい、これにより色素沈着が起こるのです。

ニキビ跡や肝斑が肌の炎症の例として挙げられましたが、実は日焼けも肌の炎症の一種です。日焼けは肌が火傷した状態でもあるので、当然この炎症を回復させるために、細胞の働きが活性化されます。

日焼けをした際に肌が赤くなったとに、黒くなるのはこれが理由なのです。

ほかにも、肌の炎症には虫刺されや摩擦、外傷なども挙げられ、これらがしみの原因となる可能性もあります。

こういった肌の炎症が起こらないためにも、さまざまな対策が必要となるのです。

肌の炎症や紫外線以外にも、しみの原因となるものがあります。それは、活性酸素です。

活性酸素が発生すると、それを取り除くためにメラノサイトが分泌され、色素沈着の元となってしまいます。

活性酸素が発生するのは、ストレスや喫煙、飲酒、睡眠不足、排気ガスなどの有害物質、食品添加物などがあります。

これらを長い間摂取したり、蓄積させてしまうとシミが出来てしまうので、こういったものを出来るだけ摂取しないようにする必要があります。

これらは日々の食生活や生活習慣にも関係しているので、自分の生活を見直し、紫外線を浴びない、肌の炎症を起こさないように生活することが対策として重要だと言えます。