正しいしみ対策をしていますか?しみ対策のウソ・ホント

アンチエイジングの一つとして、しみ対策があげられます。しみ対策の方法にはさまざまなものがありますが、なかには多くの人が勘違いしているものもあります。

一つは、美白化粧品に関してです。しみが出来てしまったあとに慌てて美白化粧品を使おうとする人がいますが、出来てしまったシミというのは一般的には自分で消すことは出来ません。

どうしても綺麗に消したいのであれば、病院などでレーザー治療をしてもらう方法もありますが、美白化粧品を使っただけでは滅多に消えることはありません。

美白化粧品は、予防のために使うのが一番正しい方法です。ただ、肌を白く見せてくれる効果は期待できるので、その場合にはこういった化粧品を使うのも良いでしょう。

紫外線以外でしみの原因となるのは?

しみが出来る原因として多くの人が考えるのは、紫外線ではないでしょうか?

もちろん、紫外線の影響もありますが、ほかにも肌の炎症などもしみの原因となります。これらの炎症とは、ニキビ跡や肝斑のことを指します。

なぜ炎症が関係あるかと言うと、皮膚が炎症するとそのダメージを回復するために新しい細胞を作ろうと活性化します。

実はこの際に、メラニン色素を作るためのメラノサイトも同じように活性化してしまい、これにより色素沈着が起こるのです。

ニキビ跡や肝斑が肌の炎症の例として挙げられましたが、実は日焼けも肌の炎症の一種です。日焼けは肌が火傷した状態でもあるので、当然この炎症を回復させるために、細胞の働きが活性化されます。

日焼けをした際に肌が赤くなったとに、黒くなるのはこれが理由なのです。

ほかにも、肌の炎症には虫刺されや摩擦、外傷なども挙げられ、これらがしみの原因となる可能性もあります。

こういった肌の炎症が起こらないためにも、さまざまな対策が必要となるのです。

肌の炎症や紫外線以外にも、しみの原因となるものがあります。それは、活性酸素です。

活性酸素が発生すると、それを取り除くためにメラノサイトが分泌され、色素沈着の元となってしまいます。

活性酸素が発生するのは、ストレスや喫煙、飲酒、睡眠不足、排気ガスなどの有害物質、食品添加物などがあります。

これらを長い間摂取したり、蓄積させてしまうとシミが出来てしまうので、こういったものを出来るだけ摂取しないようにする必要があります。

これらは日々の食生活や生活習慣にも関係しているので、自分の生活を見直し、紫外線を浴びない、肌の炎症を起こさないように生活することが対策として重要だと言えます。

アンチエイジングの基本はクレンジングから

アンチエイジングに最も大切なのは、肌に優しいクレンジングと言ってもよいでしょう。

この点で、間違った製品を使ってしまったり、または間違った方法で行なってしまったりすると、かえって肌を傷めてしまうことになりかねないからです。

アンチエイジングに効果のあるクレンジングとはいったいどのようなタイプなのでしょうか。

まず、洗浄力の強いオイルタイプがありますが、洗浄力が強いということはそれだけ肌に与える負担も大きいということです。

特に、オイルタイプのものには、皮脂を必要以上に取ってしまうような成分が含まれていることが多いため、注意が必要であると言われています。

それで、仮にオイルタイプを使用したいと思うのであれば、是非とも正しい使い方をマスターするようにしましょう。

正しい使用方法としては、まず顔全体にオイルを薄くのばします。その後、少量の水を取って顔全体になじませ、白くなるまで乳化させるのがポイントです。

この乳化が足りないまま洗い流すと、毛穴の中にメイクが入り込んでしまうことがあります。洗い流した後も、べたつきがなくならないことでしょう。

オイルタイプのものを使用する際には、正しい方法で使用すると同時に、あまり頻繁に使わないよう心がけることができるでしょう。そうすることによって、肌に過度の負担を与えずに済むことでしょう。

アンチエイジングを考慮したクレンジングの選び方

アンチエイジングに大切なポイントの一つは、自分が使用しているベースメイクの種類に合わせてクレンジングを選ぶということです。

それで、単に肌に優しいからとか、潤い成分が配合されているからといった理由で選ぶことのないようにしましょう。どんなタイプを使用してメイクを落とすとしても、重要なのは正しい方法で行なうことです。

正しいクレンジングの方法として、アイメイクから先に落とすという点が挙げられています。目元の皮膚はたいへん弱いからです。

仮に、目元も顔全体と同じように落とそうとするなら、アンチエイジングの効果が得られるどころか、目元に余分の負担をかけ、一気に老化を招く恐れがあります。

さらに、クレンジング剤はたっぷり使うようにしましょう。その時に、まず手に取って、温めてから使用するようにしましょう。

そうすることによって、メイクの汚れをより一層きれいに落とすことができるようになります。

こうすることでメイクが肌に残ってしまうことを避けることができ、効果的なアンチエイジング対策が可能となります。

アンチエイジンクとエイジングケアって違うの?

アンチエイジングやエイジングケアという言葉をよく耳にしますが、この両者は同じ意味なのでしょうか?

アンチエイジングとは、加齢による身体の機能的な衰え、つまり老化をできる限り小さくすることです。

特に中年期以降には、骨粗しょう症や認知症、皮膚の老化、更年期障害、老眼などの老年病のリスクが高まりますので、そういったことの抗加齢療法、抗老化療法のことをいいます。

エイジングケアとは、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味でよく使われています。

25歳からが肌の曲がり角と言われ、正しいケアをしているかでその後の肌の状態が大きく違ってきます。しわやしみやたるみ、毛穴の黒ずみや開き、肌の乾燥など、エイジングケアの対象とするのは多岐に渡ります。

さまざまな原因で発生してしまう活性酸素を無害化したり除去したりすることで、肌に与える有害なものを減らそうとすること、つまり抗酸化が一番メジャーなエイジングケアと言われています。

アンチエイジングとエイジングケアの違いは、アンチエイジングの方が老化を防止するという意味が強くなっています。

基本的にはほとんど同じような意味を持っていますが、どちらも正しいケアをする必要があります。

エイジングの原因となるものは?

エイジングの根本的な原因としては、次の5つがあげられます。

細胞の生まれ変わりが遅くなる、滞ってしまう肌の代謝の低下や女性ホルモンなどのホルモン分泌の低下、しわやハリのなさの原因となる筋力の低下、活性酸素の増加、光老化があります。

代謝もホルモンの分泌も筋力も、年齢を重ねるごとに誰しも衰えていくものです。

ケアの仕方によって、年齢を重ねるごとに肌の状態も大きく変わってしまいます。

エイジングに対する正しい知識を身につけることや体に良い規則正しい生活を心掛けること、エイジング効果のある栄養を積極的に摂取すること、肌の負担を考えながらより負担の少ないスキンケアを行い肌をダメージから守ることなど、毎日の生活の中でできることから始めることが必要です。

二十代では関係ないと思いがちですが、早めに取り掛かることに越したことはありません。

肌のエイジング対策は年齢に応じて二段階に分けられます。

初期の二十代から三十代では徹底的な紫外線対策や乾燥対策、代謝の活性化の3つがあげられます。

四十代を過ぎてからは紫外線、乾燥、代謝のケアはもちろんですが、それに加えてハリや弾力のケアをする必要があります。

顔の肌のケアを思い浮かべる方も多いと思いますが、他にも髪の毛や手、爪、背筋や姿勢も含まれます。

将来のなりたい自分を想像しながら今からアンチエイジング、エイジングケアに励むと若々しくいれることでしょう。